フリーランスで活躍しよう!フリーランスの案件獲得に役立つ情報を紹介するサイトです!

Webサイトはコンテンツ重視で!

自分のWebサイトを作ろう

フリーランスの営業ツールとして定番なのが営業用のWebサイトですね。多くのフリーランスはWebサイト経由で案件を獲得し、順調に次の仕事へつなげています。技術者であればWebサイト作りはお手のものかもしれませんね。
Webサイトは自分の部屋のようなものなので、どんな作りにするかは自由。こだわりのサイト作りについ熱中してしまう人も多いのではないでしょうか。ところが、せっかく凝ったサイトを作ったのに一向に仕事が来ないというケースも続出しています。
そんな事態を防ぐために意識したいのがコンテンツの質です!コンテンツの質が良いと検索で上位に表示されやすくなり、SNSとの併用でさらに集客を加速することもできますよ。

重要なのはコンテンツの中身

外観は良くてもメニューはイマイチのレストランがあったら入りたいと思うでしょうか。そこしかないなら考えるかもしれませんが、近くにもっと良さそうなところがあればそちらを選びますよね。フリーランスのWebサイトもそれと同じで、外観が良くてもコンテンツがイマイチなら顧客はサイトから離れてしまうため、デザインなどの細部にこだわる前にコンテンツの充実を図りましょう。
提供できるサービス内容はできるだけ詳しく、自分のこだわりも一緒に書き添えながらしっかりとアピールしましょう。顧客は専門性が高い相手とは限らないので、専門外の人でもわかるようにしておくとなお良いですね。顧客目線でサイトの構成を考えていくと、「サービス内容はわかるけどこのサイト本当に大丈夫?」ということになります。そこを埋めるのがスキルセットと過去の実績ですね。並べられたスキルに実績が加われば説得力は倍増し、顧客の期待度を一気に引き上げることができますよ。
次に気になるのが料金です。「料金はお問い合わせください」とするよりはっきり示したほうが親切な印象を与えますね。Webサイト制作〇〇万円〜などのように目安となる最低金額を明示して、その中にどんなサービスが含まれているのかも書き添えておきましょう。
お問い合わせ先については、自宅兼事務所の住所を公開したくないという人もいるかもしれません。メールフォームを活用すればそれも可能ですが、連絡先はできるだけオープンなほうが信頼は得やすいようですよ。

プロフィールで自分をしっかりアピール

スキルセットと実績はフリーランスとしてのレベルをアピールするとても良い材料です!顧客がそこに興味を持てば、この人はどんな人なのだろうというところに興味を持つでしょう。そこでぜひ用意しておきたいのがプロフィールです。ちょっと抵抗を感じるかもしれませんが写真があるとなお良いですね。学歴や職歴などを含む詳細なプロフィールがあると安心感から依頼もつながりやすいので、可能な範囲で公開することをおすすめします!

おすすめ記事一覧!